法改正と金利低下


高額な利息を支払う必要なく利用ができる消費者金融というのはイコール高金利なものであり、どうしても高い金利でなければ利用できないという性質のものなのでしょうか。これについては、必ずしもその通りではない、ということについて簡単に紹介します。消費者金融の中には低金利の消費者金融というのも存在しており、それほど高額な利息を支払う必要なく利用ができるというケースも多くあります。

そもそも大前提として、昨今の消費者金融というのは以前のものに比べて、それほど高金利ではない、という点についても知っておく必要があるでしょう。改正貸金業法以前については、出資法との金利齟齬が利用されていたことによっていわゆるグレーゾーン金利という高額金利による貸付が行われている例というのが多くありました。しかし、このグレーゾーン金利というのは明確に撤廃され、現在では貸金業法のみで金利の上限設定が行われる様になっています。そのため、それを超えるような金利設定が行われているような場合は違法となるため、高くとも18%前後の金利と設定されるようになっているのが昨今の消費者金融事情となっています。そのような関係もあり、以前に比べると単純に低金利で利用ができるようになりました。

通常金利以外も

通常金利がどのように設定されているのか、ということとは別に、特別金利の設定などが行われているケースについても存在しているため、合わせてチェックをしてみるのが良いでしょう。たとえば大手消費者金融によって、一定期間内に返済すれば無利息となるようなサービスを実施しているような場合があります。突如お金が必要になったものの、給料日になれば返済することができるようなケースである場合、この利用をすることによってほぼノーコストでの利用ができるようになる、ということが考えられるでしょう。

また、消費者金融によっては、即日融資が可能なほどスピーディに審査を完了させることができるような場合もあります。クレジットカード審査などに比べても審査がゆるく設定されている場合が多いのも特徴のひとつとなっており、簡単に利用ができるようになっているのも魅力のひとつです。インターネットからの申込みなどができるケースも昨今では多くなっていることから、利用のハードルが下がっている状況と言えるでしょう。ただし、もちろん計画的な利用が要求されるものであるということについては忘れないようにする必要があります。


参照ホームページ:なんどでも1週間無利息キャッシングの【ノーローン】公式ホームページ
一週間無利息、即日融資対応、インターネット申し込みが可能な低金利消費者金融です。

銀行と消費者金融


ローン突然お金が必要になった時などに、使用することができる方法の1つとして消費者金融などのローンが挙げられます。消費者金融以外にも多くの金融機関が存在しているため、そういったものも含めて利用を検討することができるでしょう。それでは、それぞれの金融機関ごとにどのような違いがあるのか、ということについて簡単に紹介します。

まずは、銀行についてです。預金のためには使用しているものの、借り入れのためには使用したことがないという方も多いのではないでしょうか。銀行の本分は実際には貸付の方にありますが、これは一般においては余り利用されることが多くありません。銀行は金利が低く設定されているというメリットが有る反面で審査が厳しく設定されている関係上、なかなか通らないことも多いためです。また、審査自体について時間がかかる傾向があるため、フットワークが軽いものではない、というのも利用されないことが多い理由の1つと言えるでしょう。

これに対して消費者金融は、概ね逆の性質を持っています。まず、金利についてはおおよそ銀行より高く設定されています。その代わり、消費者金融は審査が通りやすく、かつ迅速であるというのがメリットとして挙げられるポイントとなるでしょう。また、銀行が預金をベースにして貸金業を行なっているのに対して、消費者金融は運用を元にして行っているものであるため、比較的サービス面などについて充実していることが多いのも特徴の1つです。

最近の投稿

カレンダー

2018年6月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930